最近のトラックバック

フォト

プシッ


undefined

一週間が無事終了し、ホッと一息ついてます。


今日は、消しゴムはんこ教室の日でした。

幅広い年齢層の方々のなため、楽しんで頂けるかドキドキ…


レジュメを作り…

undefined

undefined

undefined


見本はんこを考え…


undefined

あまりハードルが高くなりすぎないようにして…


undefined

見本作品を作って…


ちょっと準備は大変でしたが、皆さん楽しい、楽しいと、言ってくださり、それはそれは嬉しかったです(*´∇`*)


ちょっと寝不足な今日でしたが、あまりにも充実してたので、疲れは感じません
shineshine


好きなことをやるって、大事だなぁと思いました。

はんこ教室 準備中


undefined
こんなにも降り積もった雪に、小中学校は臨時休校mist


はぁぁぁ…(´д`|||)

おかげで全身痛いです。


今日は、週末に控えたはんこ教室の準備を。

undefined

三角刀を新調し…

undefined

資料をカキカキ…

かなり彫ってないなぁ、と、我ながらビックリwobbly

いかんでしょう。

皆さん、喜んで下さるといいのですが♪


頑張ります(*´∇`*)

そして、最近、私の身の回りにはピンク色だらけ!!

undefined

なんでかなぁ…??

undefined


クリスマスまで、あと少しですね。

年末準備を始めなきゃ!

雪が…


undefined
あーあ。

すごい雪…。

萎えますなぁ(´д`|||)

今日は除雪で始まり、それに力尽きました。

undefined
だって、ねぇ…。


今までは、地域親切なお父さん方が、重機でドドド とやってくれていくれていたのです。

そのありがたみを感じました。

心に火が灯るとき

今日は、久しぶりに感動しましたweep


この二日間…もっと正確に言うと、ここ数日間の間は、ずうーーーっと人の話を聞き続けてきていましたearearear

正直、もういいでしょ…と思ったりもしたのですが。。。。



今日は違いましたsign03




心に響く言葉やお話を聞くことができ、只今、感動に浸っておりますcrying

忘れたくないコトなので、自分のためにブログアップしようと思うのですが、若干の暑苦しさも否めないので、ま…別に…という方はスルーして下さいませ。。。






そもそも、何でこんなに感動したのかなぁ…sign02



最近、こんなに心に響く話は聞いてなかったなぁ…。

アレを守りましょう、とか。

自分の立場をわきまえましょう、とか。

今の時代は昔とは違うから、とか。

ああそうですね、確かにそうですよね…って感じで。。。


いやいや。
そんな誰かの話と比べて、上手い、下手だとか好き、嫌い…そういうモノじゃなくて。



今日の話のポイントに「ファミリー」という言葉がでてきたところあたりから、なんだか感情移入しちゃったんです。



生まれたところが
必ずしも故郷ではない
心をとどめたところこそ
本当の故郷である


育った家
必ずしも家庭ではない
愛の心が通いあった家こそ
本当の家庭である


まなんだ学校
必ずしも母校ではない
よき師とよき友と
結びあった学校こそ
本当の学校である





我々の仕事は、結局、周りの人々と「ファミリー」になれるかどうかだ。
「組織の終着駅はファミリー」
と、講師の先生はおっしゃっていました。

「T」ファミリーという繋がりを持つ私にとって,この言葉は私の胸を打つには十分すぎました。




これから先の人生で、「ファミリー」と呼び合える人たちと何人出会えるんだろう?

いや、一つのファミリーのバックボーンがあるから、勇気を持って次の世界に飛び込み、そこでまた新たな「ファミリー」を築くことができるんじゃないの??

そんな事を思いました。


この世の中、病気で悩んでいる人は自分1人じゃない…。
親がいなくて寂しい人は自分1人じゃない…。
他人に優しくできる人になったらもうひとりぼっちじゃない…。
心の優しいひとになったら、いつかみんながファミリーになってくれる…。



交通事故で、ご家族を亡くしてしまった女の子が、卒業式で話した言葉なのだそうです。







そしてまた、「四月病」という言葉を紹介されました。
医療的な用語ではなく、その先生の奥様が勝手につけた名前なんだそうです。

3月に涙のお別れをし、4月を迎え新しい人々と出会ったとき。
どうしても前一緒にいた人たちのコトが恋しくて、なかなか新しい人々との出会いに目を向けられないコトなのだとか。

そう思えば、私はずいぶんと長い「四月病」にかかっていたように思います。


でも、お別れした事で自分がダメになってしまうのは違うな。
お別れした人に恥じない、もっと成長した自分になりたいな。。。って思えるようになりました。






さらに「努力の壺」というお話も。

「人は何かをはじめようとか、今までできなかったことをやろうと思ったとき、神様から“努力の壺”をもらいます。そのつぼは、いろんな大きさがあって、人によって、ときには大きいのやら、小さいのやらいろいろあります。そして、その壺は、その人には見えないのです。でも、その人が壺の中に努力を一生懸命に入れていくと、それが少しずつたまって、いつか、努力が壺から溢れるとき、壺の大きさがわかるのです。だから休まずに壺の中に努力を入れていけば、いつか必ずできるときがくるのです。」

と、あるお母さんが子どもに語ったお話。


「壺が大きいと、とても大変だけれど、中身はいっぱいあるから、あなたのためになるのよ。」
ってお母さんは、子どもに語るのだそうです。


素敵なお母さんだなぁ…と思うと同時に、
自分の中には一体いまいくつの壺があるの??って。

何かをはじめようといている?

何か努力を続けてる???

変わらなきゃ…って思いました。





あとでやろうと思っても
やれた試しがない
やるならば
いつでも
いまだ



JUST DO IT!


っっっっつ。たまらん!!!




今日初めて出会った御方に、後ろから追い風をもらった、そんな一日でした。


そんな自分に今日の一言。

「腐るなよ。」→嫌な人、嫌なことに心を奪われるなよ。

「努力しようよ。」→努力の壺を心の中に。溢れる日を夢見て。

「挑戦しようよ。」→マラソン、登山、英語、私の可能性の全てを探ろう。

「遊ぼうよ。」→遊ばざる者、働くべからず。人生を楽しもう!!




はいっ。


かなりクドイ感じでごめんなさい。

そして、ココまでおつきあい下さった方、ありがとうございます。

黒岳キャンプ その5

Img_2904


帰った後は、朝ご飯。

Photo

お鍋の中には、なんと、おでんがっ…sign03
まさかのおでんにビックリ!!

でも、かなりの美味でした(◎´∀`)ノ

私は、牛丼♬
他の方々は、カレーでした。
浅漬け旨かった・・・。





Photo_2


そして、テントをたたんで帰り道。
時間もあることだし…とちょっと雪渓の上を歩いてみることに。。。



Photo_3

ちょっと寝転んでみたり。。。。


雪の上に半袖で寝転ぶなんて、なんと気持ちのよいことか。
冷たかったけど…。



もう最高に楽しい2日間でしたnotenote

また来たい!!
今度は、もう少し脚力&体力をつけて、黒岳に登りたいですhappy01

こうして、山に登れたのも周りのお陰。



明日(もう今日?)からまた1週間始まります。


楽しいことがあったからこそ、がんばれることもあるよねshine


黒岳キャンプ その4


そして朝。

山の朝は早かった…


3:30くらいには皆さん行動開始sign03

早すぎるからっ…。


前日夜は、疲れていたけどあまりの寒さになかなか眠れませんでした。
山での寒さ対策は、マストですね。
しっかりあったかい状態にしておかないと…本当に寒かった…。


我々も、朝日を見に出発ですupup

「そんなに高い山じゃないから、サンダルで十分でしょ。」
ということで、私はクロックス、もうお一方はKEENのサンダル、そして山プロは普通のサンダル(便所サンダル?)で出発!!

そしてね。



ついにね。。。。



キターーーーーーーpunchpunchpunchpunchpunchpunch

Img_2853

もう、言葉になりません。

Img_2856
「雲海」ということばがありますが、まさにそれだな、と実感。

Img_2859

神様ってやっぱりいるな…と。
Img_2882

雲海に太陽さんがあたると、こんなにも神々しい。

「カムイミンタラ」の意味がわかります。



Img_2912

雲なのか、海なのか。

Img_2868

ここでは、こうして毎日朝をむかえているんですね。

Img_2948

日が昇る頃には、朝露に濡れた植物もはっきり見れました。



そして、本当にサンダルでいいのか??

というようなゴツゴツした道を転ばないように気をつけながらキャンプに戻りました。



黒岳キャンプ その3

Img_2840_3


晩ご飯は、ジンギスカンhappy01heart04

いやはや…お肉にお野菜に…運んで下さった御方に感謝感謝。。。

Img_2847

そうこうしていくうちに、とっぷりと夜は更け。。。


20時を過ぎることには、もう周りはシーンとなっていました。


山の夜は早いsign03


我々は…というと、ウィスキーや焼酎を飲みながら、
いいお話をしていましたheart

なんで、このメンバーで登ってるんだろうねぇ、とか。
仕事三昧もいいけど、こういう時間は必要だ、とか。
つまりは人間性じゃない??とか。

結局、こうやって一緒に山に登る仲間になれたことに感謝しまくったところに行き着きhappy02
でもホントに、そういう仲間に年齢や立場を超えて出会えたことを心からうれしく思いますhappy01



外は、満天の星shineshineshine

天の川も見ることができましたshine



実は私、お風呂に入らずに寝ることが大の苦手でした。
でも山にはそんなお水はありません。
歯磨き場所だってないんです。

日常の当たり前が何一つ無くて、自分が生かされていることに気づきます。


山で一つ、お風呂に入らずとも寝られる自分になりましたheart01

成長した…のか?

黒岳キャンプ その2


Img_2757

山頂はすごくいい天気heart04
周りの山々の稜線もはっきり見えますshine
まだ雪だって残ってる。。。

Img_2772


しばらく歩くと、お鉢平というところに出ます。
すり鉢状の地形に圧倒sweat01

さすがにちょっと疲労sweat02


Img_2760

雪渓の中に赤い一筋と人影が…

ここもトコトコ登りましたupup


この麓に水場があり、そこの水が旨かった~~~heart04



そこから、お鉢平一週コースか、北鎮岳登山コースかを話し合うも、早くも体力に限界を感じていたので北鎮岳コースに決定。



Img_2777

登りながら、どんどん天気が変化してきて、山頂に経った頃にはもうこの雲り具合。
山の天気は怖いですね。。。

Img_2837





そこから、またトコトコあるいて黒岳石室に戻ってきました。
Img_2839

行きで登った雪渓を、滑り降りたら止まらなくなってしまい、ちょっと焦りましたsweat01
やっぱり、山では慎重にならないと…

お陰でお尻にアザができちゃいましたsweat01

でも、お尻でよかった…dash

   つづく。。。。

黒岳キャンプ その1

「黒岳に泊まりで行きませんか?」


…というお誘いを受け、断る理由はありませんでしたrockshine

忙しい時期だけど、何とかなるはず…sign03

ウキウキ気分で装備を調え、仕事もなんとか切りをつけて…。




今週末は山を満喫してきましたnote


Img_2721

一緒にいく予定だった、カナダ人J君が膝痛で行けなくなっちゃったのは、すごく残念だったけど。

今回は、3人でのキャンプになりましたhappy01note


日程は、結構ハード・・・。
(ワタシとしてはね、あくまでも。)


金曜の夜に、黒岳ロープ-ウェー麓で車中泊。
(これが超寒かった…)


朝一のロープ-ウェー&リフトで途中まで登り…

そこから一気に山頂を目指すのです。

開始5分で、もうバテる私。

どんだけ体力ないのさ…。

この苦痛がどれだけ続くのsign02なんて思うと、すぐに心が折れそうになるのですが、登れば登るほど、ご褒美の景色がどんどんすばらしくなっていくのです。

Img_2725

あ…今回は、泊を伴うので荷物の量がハンパないのです。
でも、私の背負うザックは45リットル。

一緒に行った方のザックは70リットルwobbly
もうお一方は80リットルwobblywobblywobbly。。。


つまり、食料など私の分を背負って下さってるんですweep
申し訳ないやら、ありがたいやら…でも、自分の荷物でいっぱいいっぱいな私が持てるはずも無く…




Img_2728

途中のお花に癒やされたりしつつ…。

1時間40分で何とか登頂成功happy01fujihappy01

Img_2732

黒岳だけに、「黒ビール」で乾杯happy02

全く冷えてないビールだけど、超おいしかった~~~heart04


ビールの旨い、旨くないの基準の一つに

“どんな場所で、だれと飲むか”

っていうのは、必ずあると確信shine


そこから下山するのでは無く、テントを張って山頂周辺をトコトコ歩きましたfuji

Img_2735

時期がちょうどよいから、お花がすんごくキレイでしたheart01

        つづく。。。

山ガール♬

みなさま、お久しぶりです。

お元気でしたかsign02

ワタシは、あたふたした毎日が続いていましたが、ここ数日はたっぷりと休養をとることができましたheart04


お仕事も、二つほど山を越え…


リアルな山に行きたくなって…
Photo_12

昨日、夫と行ってきましたsign03
旭岳~~shineshineshine

Photo_16

今回は、登山…というよりも、高山植物の観察の方がメインですheart04

Photo_14

汗をかいて、一歩一歩登る登山ではなく、今回はロープ-ウェーで汗の一滴もかくことなく旭岳の姿見駅へ。

やっぱり、可愛いです。
高山植物heart01

Photo_17

チングルマの花の蜜を吸う虫。
この虫さんが、花の花粉を運んでくれているんだろうなぁ…


大きな山でみた、小さな営み。

Photo_18

高地の景色は、天空の城ラピュタにでてくるそれと似ているように思えました。

シーターとパズーが龍の巣を抜けて、ラピュタに降り立ったときの景色みたいheart04
(分かります??)

植物が風に吹かれて、細切れに揺れる様子なんて、まさにそのものでしたhappy01

Photo_19

今回は、装備不十分なこともあり、山頂に行ってみたい気持ちにもなったのですが、断念sweat01

次は山頂まで登りたいです。自力で。。。

Photo_20

下山した後、駐車場でエゾアカガエルを発見eyeshine


か…かわいいっっheart04heart04heart04


やっぱりカエルは可愛いですhappy01heart01


 




今週末の土日で、黒岳に登ることになりましたscissorsshine

自分の体力と、お風呂に入れないことが心配ですが…


«免疫アーップ!したい。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

zicco'tweet

無料ブログはココログ

栗城くんを応援します。